自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

情報が少なくても成果を上げるものを生かす(じょうほうがすくなくてもせいかをあげるものをいかす)

自分を生かす成果活動のための情報量は、その周辺ジャンルと分野から習得する。自分を生かす活動を専門職に寄せ、理論を使い、経験を上乗せしたとたん、本来の自分自身は正当な理由によって死ぬ。

前話: 情報量の多い専門分野を専門職にしない(じょうほうりょうのおおいせんもんぶんやをせんもんしょくにしない)

次話: 世には「遅れ」がある(よには「おくれ」がある)