自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

愛の代償? 一緒にいるのに1人の時間は大切ですか?

こちらは2010年02月08日に掲載されたコラムです。

1月に招かれてトークしてきたときと、一昨日の【強み発掘コース】3回目で話したこと。

 「過去一番、異性を好きになったときの感情を思い出してください」

中学校の時でも大人になってからでも、いつでも良い。

とにかく好きで好きで好きで好きでたまらなかった時のことを思い出してもらう。

すると・・・・。

1人ぐらいは「いや、別にないんですけど」という方がいる。

申し訳ないが、話の流れ上、その方にはガマンして聞いてもらう。

話を続ける。

 「その『好き』よりも好きだったこと、NO1好き感情だったことはありましたか?」

ないだろ!?前提で話を続けようとする。

・・・・ようとすると、一昨日の8人参加のコースでは

 「いや・・・全然ありますが?」

 「・・・・」

話が続かん。。。

8人中2人だけ、思惑に乗ってくれたので6人を無視して話を続ける。

(この時点で話の前提が崩壊している・・・のには目をつぶる)

 「で、その『好き』を仕事にしようとして仕事になりますか?・・・・一番好きが仕事にならないなら云々~~」

というような話をしたわけです。。。

そのまま話の流れで、さらさら派かべったり派かの話になる。

1人でいる時間こそが重要である!という意見がではじめ、

1人でいる時間のなんたるかトークが盛り上がりそうになる。

負けてはおれん!!

ベッタリ系を捕まえて、巻き返し攻勢に出るが、いかせん数が少ない。数が少ない?数、少ないものなのか??

一緒にいるよりも1人の時間を優先するのなら・・・一緒にならなければいいのに!と思うのは自分だけですか?

それとも、便利だから一緒にいるということか?

僕の場合は、1人で生きてきた時間が長かったので、

もうその時間の使い方はさんざん楽しんだし酸いも甘いも知り尽くしているわけです。

なので、別にそれはそれで悪くないから1人の時間でも別にいいのだけど

せっかく一緒になろうと決めて一緒になった人が近くにいるのに、なぜ1人の時間をそんなに求める?と、

どうしても思ってしまうわけです。

わけだけど、兄弟とかいてなんだかんだ子供のころから1人の時間を持って来なかったりすると、

1人でいることが優位になってしまうのかな?とか思ってきました。

子供のころにチョコレートを制限されると、大人になってから食べまくるみたいな?

もちろん恋愛初期と、10年20年連れ添っているとでは関係性も違うし、

お互いの相性的なものもあると思うから、一概には言えないんだけど

せっかく縁あって一緒になったのだから(1人の時間は大切にするとしても)、一緒にいるということそのものの

幸せとか、過ごし方とか、時間の取り方を云々できた方がいいんじゃないかと思うわけです。

そうじゃない人を否定しているのではないですよ。

関係性はいろいろあるものなので。

ただ、一緒にいることが「1人の時間を持てない、奪われている」という、

愛の代償というような考え方にもしなっているとしたら

それはとてももったいないことだと思うし、自分の捉え方や考え方を検討し直してみてもいいかなと思うわけです。

【関連記事】

 1分1秒でも長く一緒にいたい・・・・か?


コラムを読もう!


2種類の小冊子 「強み小冊子」と「ビジネス小冊子」販売中!!

とにかく【強み発掘】!!


「セミナーの講師になるには」案内記事” class=”replaced_link replaced_link_from_ym11″>「セミナーの講師になるには」案内記事

前話: 相手がどれだけ自分のことを好きですか?という話題

次話: 勘違いラブが生まれるワケ

トップに戻るボタン