自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

感情を殺すべき場合があります(かんじょうをころすべきばあいがあります)


感情は、自分を押し殺してしまう結果になる時はガマンせずに出すなり、うまく立ち回る必要があるけども自分自身を自分の内面から生かすというときに感情が拒絶を示している場合には感情を殺して取り組む必要があることがよくあります。