自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

感覚器官が敏感になる(かんかくきかんがびんかんになる)

知覚の幅が広がります。より色々なことが分かるようになるということ。だから何かの感覚器官を刺激するだけで通常やこれまでには分からなかったことまで分かるようになってくる、ということ。

前話: 五感を磨く(ごかんをみがく)

次話: スピ系(すぴけい)