自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

成果基準で考える(せいかきじゅんでかんがえる)

「仕事」である以上、全体と自分の成果をよくよく頭に入れながら進めるというのは当然のこと、自分が貢献できることは何か?という視点と事実を把握するために何ができるか?という視点が必要です。

前話: 作業(さぎょう)

次話: 仕事をする人(しごとをするひと)