自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

手を取る人(てをとるひと)

正統な理由があろうとも、心理的な抵抗があろうとも、手にはまず敏感に気がつく。そして一度取る。その上でいらないのならお断りすればいい。縁があれば大切に、という考え方に近い。

前話: 手を差し伸べる人(てをさしのべるひと)

次話: 手を取らない人(てをとらないひと)