自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

振り返りの最後 ~フィードバック分析しました


営業理論のコラムブログ「営業理論のコラム」
毎日記事更新中!!


振り返りの最終日、ということでフィードバック分析にまとめてみました。

フィードバック分析というのは強み発掘方法のひとつです。

自分がこれからプランしていることをそっくりそのまま書き落とします。

なるべく詳しく、予想できる範囲のプランを書き、希望や欲求は書きません

書いたら見返さずに半年~1年ほどしまっておくので

左の写真のように封筒と便箋を用意して書くのが望ましいです。

松原靖樹のミニセミナー・ログ
松原靖樹のミニセミナー・ログ

僕はそもそも見返さないのでノートを使っています。

僕の場合年初は、特に昨年の流れを注視してから書くようにしています。

それ以外はほぼ毎月書きます。

半年~1年経って見返すとき、書いたとおり全くそのままになっているものが強み

何一つ思い通りになっていないことが弱み、となります。

この強み発掘の方法は確実性が高くていい方法なのですが

長期間にわたる方法なので、やる人が少ないのも事実です。

僕は毎年4月と10月を見返しの期間に当てていて、まとめて半年以上経ったものを見返します。

ちなみにこの方法は、俗に言う自己啓発の「書いたら実現する」というものではありません。

自分の強みと弱みをはっきりさせるための分析方法です。

少し中身をご紹介しておきます。アウトライン、こんな風にまとめました。

   【1】 現在路線を固める

    昨年から続く流れというものがあります。これを継続して固めていきます。

   【2】 現在のものの中で下位のものを捨てる(行動を絞る)

    ビジネス系のセミナーをとりあえず保留にすることにしました。セミナーはブログと中心軸に絞ります。

   【3】 強み発掘のフィードバック会を確立します

    全国4都市で開催が可能になっている会なので、最初特に力を入れて取り組みます。

   【4】 強み、中心軸に関して体制を整える

    僕にしかできないこと、流れに基づいていること。両面の理由からここに集中します。

   【5】 基本的にしくみ作りに注力する

    俺についてこいスタイルではなく、人が活躍できる場づくりを中心に。

というのが僕の今年前半の仕事スタイルです。

本当に一致するかどうかは時間が経ってみないとわかりませんが、

一緒にチェックしてみると何が強みで何が弱みかわかりやすいかもしれませんね。

というわけで、本の読み返しからはじまってこのフィードバック分析まで、年末年始2週間の見返しが終わりました。

今日は少し余裕を持って、明日からロースタートを切りたいと思います。


【1年に2週間、過ぎた1年を振り返り次の1年の指針を立てる】

2週間1年を見返す

振り返り法~本の読み返し

身体と精神を整える日~身体

身体と精神を整える日~精神

2週間かける振り返り

振り返りの最後
(この記事)

何を踏み出すか、の前に【捨てる】こと

トップに戻るボタン