自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

採用するもの(さいようするもの)

人生に必要なものだけになる。それは人間的な見方をすれば「本質」で、自然的な見方をすると「理」になる。採用するものの多くは【偶然】の中にあり、偶然をよく観察して採用するものと不採用にするものを分けなければならない。分け方を間違うと人生に失敗する。

前話: 不採用の対象(ふさいようのたいしょう)

次話: 本質(ほんしつ)