自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

摂理系の、人間の可能性(せつりけいの、にんげんのかのうせい)

人の備え持つ力を超えることが人にはできる。それが摂理系の、人間の可能性になる。備わっている力を使いこなすだけでは不十分。それを超える自分の絶対領域はどこにあるのか?何をしてそうであるのか?どう至るのか、至ったものをどのように反映するのか?にトライすることが本来の人が持つ、本当の仕事なのだと思う。

前話: 絶対領域は人によって生み出せ得る分野が変わる(ぜったいりょういきはひとによってうみだせえるぶんやがかわる)

次話: 人は上手くできているものはもう十分できていると錯覚する(ひとはうまくできているものはもうじゅうぶんできているとさっかくする)