自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

数の論理という働きかけ(かずのろんりというはたらきかけ)

作業は必ず量をこなすことから入ります。作業の成果を上げるために、一番単純でカンタンな方法がとにかく数当たって砕けよ!というやり方です。スキルや経験がなくても、量が成果を導くからです。

前話: うまく歩いている人(うまくあるいているひと)

次話: スピードを上げるという効率化(すぴーどをあげるというこうりつか)