自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

文章を書くときに一番大事なこと(ぶんしょうをかくときにいちばんだいじなこと)

多くの人が分かってくれなくてもいい。自分で何を書いているのかわからなくてもいい。それで、その上で自分の言語を書く。それを理解してくれる人、指示してくれる人、認めてくれる人は必ずいて、そしてそれを愛してくれる人がいる。そういう人に伝えるために書く。伝わるように書くんじゃない。それが文章というものの意義で意味だと思う。

前話: 自分の言葉で書く(じぶんのことばでかく)

次話: 人は強いものに流される(ひとはつよいものにながされる)