自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

方法(ほうほう)

調べ、試し、数をこなし、検証し、どうなるのかを見、違うケースを想定し、さらにレアケースを追求する。その結果、この物事は99%ああすれば、こうなるが残り1%は今わかっている範囲で7つのケースがある。ということをひとつひとつ明らかにする。これが確信になる。

前話: 物事の作りと成り立ちに整合性を持たせること(ものごとのつくりとなりたちにせいごうせいをもたせること)

次話: 理解(りかい)