自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

未来はひとまず置くこと(みらいはひとまずおくこと)

まず現在に集中します。それもひとつのことにだけ集中します。この考え方の基本スタンスは後のことは後で考えること。流れから対応と適応によって現実に集中することで未来を創る方法です。決まって行く物事に対して目の前、目の前の手を打つので基本的に行き詰まることはなく、超発展することもない確実な方法です。

前話: 未来のリスクを検討すること(みらいのりすくをけんとうすること)

次話: 未来を先取りすることができる力はいつ使うのか?(みらいをさきどりすることができるちからはいつつかうのか?)