自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

未来を創るということ(みらいをつくるということ)

未来を創ることに執心すると必ずと言っていいほど現在の目の前の物事がおろそかになります。たとえば、仕事で成果を出し昇進と昇級をねらうので家庭がおろそかになることはよくあります。家族のため(未来)に、家族を犠牲(現在)にします。

前話: 先取り(さきどり)

次話: 未来のリスクを検討すること(みらいのりすくをけんとうすること)