自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

未熟を個性とすり替える(みじゅくをこせいとすりかえる)

未熟でありながらいい年になると、「これが自分だ」と思いたいために未熟を個性とすり替える、ということが起こる。これをやると人生終わる。生きてはいけるし、自分を生かすこともできる。だが自分の人生を生かすことはできなくなる。「それが自分だから」というのは楽にできる。そうやって人生を捨てている。

前話: 個性(こせい)

次話: 自分を生かすとは考えないこと(じぶんをいかすとはかんがえないこと)