自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

本当に必要な理論を習得するとき(ほんとうにひつようなりろんをしゅうとくするとき)

理論を盲目的に信じるのではなく、参考文献程度に頭に入れる。本当に必要な理論を習得するときは、理屈で固めるんじゃなくて自分で実験する。自分を実験台にするのが一番いいが、ムリならよくよく観察する。物事を理解したことで分った気にならない。「理解する」ことと「分かる」ことは違う。

前話: 相手をバカにしているつまらないモノの見方(あいてをばかにしているつまらないもののみかた)

次話: 「自分を殺し他人を想う人」と「他人を殺し自分を想う人」(「じぶんをころしたにんをおもうひと」と「たにんをころしじぶんをおもうひと」)