自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

本気でやる(ほんきでやる)

本気でやるということは、どうにかして成果に結びつける。そのためにできることを精一杯やるということで、そういう人の発言や言葉は必ず「成果」か「プロセスの説明」のどちらかになります。または極めて稀にうまく説明できない人がいますが、そういう人は情熱で何とか伝えようとします。

前話: 「気持ちがある」や「やる気がある」(「きもちがある」や「やるきがある」)

次話: 情熱(じょうねつ)