自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

本気でラブする気はあるんですか?

以前からよくある話題なんだけど
今日もそういった話も出たので
ちと綜合して書いてみようと思います。

ラブを止めている理由や原因。
これは本気で結婚!マインドセミナーでも
その内容に入れているのだけど
精神面にあることが本当に多いです。

たとえば、
「重いオンナだと思われたらイヤだ」
「恋愛にはまり込んで周りが見えなくなる」
「親の教育で女は男に尽くすよう言われている。それがコワイ」
「過去、オマエなんかモテないと言われて傷つき踏み切れない」
「以前の彼との別れがつら過ぎて恋愛を避けたい」

とかなんとか。

ともかく、「やりたい!」と言いながら
できない理由を並べ立てる女子に飽きた。

こういうのは全部ブロックやトラウマ。
言い方を換えると
過去のつらい経験がショックで、それがつらくて怖くて
なかなか本心の思うままに動くことができないの~できないの~できないの~

言い分もあると思うし
そのほとんどは正しいと思う。
その人にしか分からない痛みがある。
それもそうだと思う。

ただ、言っていることをシンプルにすると
本気の想いよりも痛みを味わわない方が俄然上です!
と告白している。

その上で、
「いい人がいたらうまく行かせたい」
と言ったりする。

うまくいくわけない。
てか、そんな人が出てくるわけない。
だって
そんな男性からしたら
自分で本気の行動をせず、痛みはイヤですオーラを出して
いい人がいたらお願いしたいとか言ってる女子、
魅力全然感じない。

でもこの傷ついた痛みはあなたには分からない。
本当はこうしたいのにそれができない気持ちがわかる?
的な発想があると思うんだけど、

いつもならアホかで終わるんだが、
オレもそういう時期が長かったから
分かってしまうんだなぁ、これが。

はっきりしているのは
そう言い続けている人に絶対に春は来ないということ。

誰かがその不幸オーラを拾ってくれても
・・・つまり、万が一白馬の王子様が現れても
どーせ、後々自分から
こんなダメ自分が理想的に上手くいくはずがない
と自分で幸せをぶち壊すか
その不幸病に付き合うことに疲れた相手が
いい加減愛想を尽かすかどっちか。

だって、
自分の本気で最初から当たろうとしたんじゃなくて
ただの偶然に頼って手に入ってしまっただけ。
本気じゃない宝物を誰が大事にできんの?

だから自分でなんとかブロックを取って
トラウマと向き合って解消して・・・なんつーのはムダね。

だって、そんなん抱えたままうまく付き合っている人や
結婚している人ってゴマンといるよ?
問題をはき違えてないか?

あのですな。
自分にとってラブが欠かすことのできない
絶対的に、とっても大事なものならば、
何度傷ついてもやるんだよ?
諦めず、くじけず、
たとえ先を見失っても、失望しても
自分は自分の大切な物を手にするまで
いろいろと本気で取り組んでみよう、だろ?

過去の傷を見てとぐろ巻いているヒマがあるなら
次の本気は誰にぶつけよう!ってやるべき。

それが本気じゃないの?

相手に重いと思われるとか
周囲が全然見えないぐらいぞっこんになるとか
他にもいろいろとあると思うけど
そういうの全部、
本気で恋愛に取り組む自分スタイルじゃないのかね?

そういう自分にウソついて
可愛く控えめに飾ったり
傷を隠しながらこれ以上傷つかない安全圏から行動して
何がうまく行くものか。

自分の恋愛ののめり込めるポイントは
全部出して出して出しまくる。

アンタが過去にそれを否定されたり、
自分で否定して来た経験は
次会う人が否定している物事じゃありません。
てか、
「重いオンナは嫌われる」と思っているなら
それを否定しているなら
その否定強度が強過ぎて前面に出るので

その否定をうまくやってくれる相手(予定調和)を
見つけ出し、頑張り、最後には否定してもらえるよう
自分で自分を作っていることすらある。

恋愛に限らずビジネスでも仕事でもそうだけど
場所を選ぶ努力は絶対に必要で

自分で知らずのうちに否定してくれる人を好きになるのではなく
とにかく自分を肯定しまくり、相性合いまくりの人を
探して探して探しまくること。

たとえトラウマが重くて、
ついまた「否定する相手」を選んだとしても
その人は前の人じゃないでしょ?
いい思い出できたでしょ?
愛交わしたんじゃないの?
幸せだと言い切れる瞬間がたくさんあったでしょ?

そういう恋愛経験できている自分は
本気で取り組んでいる自分だよ。
それが美しくないわけない。

死ぬときに、
あ~自分でダメにしたけど、恋愛だけは本気でやったなの方がいいか
あ~自分でダメにするのを避けて、恋愛はやらなかったので傷つかなかったな
の方がよりいいか、
そんなの答えは一目瞭然じゃないの?

傷つかないために生まれてきたんか?ってハナシ。

30代40代女子の未婚率がすごいことになっているけど
(もちろんお一人様がいい人もいるのだけど)

本当に彼とデートしたくて
いい恋愛をしたくて、
幸せな結婚に結びつけたいと思っているなら

自分の恋愛観を絶対肯定して
本気で諦めず、一生取り組むことだよ。
(途中で変化があってもいいので)

一生取り組むってのは、結婚しても取り組むってこと。

終わりなんかない。

そんな人なら相手じゃんじゃんできておかしくないだろ?
紹介したいって人も思うでしょ。

めんどくさい、とか
いい人がいたら、とか
やる気ないのまる出しなのに
「やる気はあります」とか言っている人に
本気で惚れて
本気で紹介したいと思う人いる?

て、前から感じていることをまとめた千葉ラストナイト。

前話: オトコのトイレ視点。

次話: たまにはラブ語ってみる。

トップに戻るボタン