自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

楽しみリテラシー(たのしみりてらしー)

「楽しむ」という感情は誰にでもあります。どの感情もそうであるように、楽しむという感情にもリテラシーの高さ、低さというものがあります。楽しむ力がない。決してナナメに見たいわけでもなく、楽しみたいのに楽しめないのですはなく、ただ純粋におもろない。

前話: 自立(じりつ)

次話: 楽しみリテラシーが低い(たのしみりてらしーがひくい)