自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

止めるものを探る(とめるものをさぐる)

負の感情を避けるための行動パターンや社会的地位を取るためだけの自分の運び。こういうのに流されるとせっかくの個性や人間性が阻害されたり限定されたりする。阻害要因を解除して、この人間に備わっているメカニズムもうまく使う。

前話: 人間性を扱う(にんげんせいをあつかう)

次話: 未知の世界(みちのせかい)