自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

正しい「悩み方」


一般的に「考える」というのは目的に向かって建設的に思考する、
「悩む」というのは、グルグル同じところをあてもなくさまよう、感情も乱れに乱れる・・・みたいに言われています。

ので、
悩むのは無駄、考えろ~的な風潮もある。
考えるようになると、それでは解決できないパターンが出てくるので、感情に向き合え~的風潮に変わる。
そうじゃない人は、さらに考えて考えて・・・そして同じところをグルグル回るようになる。
どこかで聞いたことのある状態になる。

感情の向き合い方は色々といわれているけども、僕は俄然「味わう」ということをオススメしていて、
味わうというのは、よく噛んで、舌で感覚を持って、最後に飲み込むということ。

感情には特徴があって、それは次に書くけども、
ここに書いた流れは「悩む」「考える」「感じる」という順番。
表面上から奥に迫る方法。

悩む:「うわ、どうしようどうしよう!?・・・・どうしよう、困った、ヤバイ、でももう無理かもしれないし・・・云々」
考える:「このケースはこうやってああやって、ダメだ。なら、ひとまずそうする方法もあるかもしれない・・・とか」
感じる:「何で考えるんだろう?このモヤっとした、ウザいもを避けていて、それは黒くて、痛くて・・・どうのこうの」

感情を味わう、ということを僕はよくゴーヤチャンプルに例えています。
最初はじめて、ゴーヤチャンプルを食べたとき、おそらく
「なんじゃこりゃ、苦っがっ!!!!何コレ?人間の食べ物?嫌がらせ??不味っ、アホちゃう?」
とか思ったはずです。いや、そこまで思う人はそんなにいないでしょうが。。

噛めば噛むほど苦い。最初はご飯と一緒に食べたり、ドリンクで押し込む。
慣れてくると、「苦い苦い」言いながら、なんだかんだ言って食べるようになる。
そのうち「この苦さがクセになる・・・」的慣れが出てきます。

これがいわゆる感情(特に負の感情)を味わうメカニズムにクリソツです。(←言ってみたかった・・・)
感情の特徴を書いておきます。

 感情は必ず勝手に湧いてくる
 特性としてコントロールできるものではない。見なかったフリはできる
 味わうと必ずいつか飽きる
 が、きっかけがあると再発する
 が、1回目より2回目、2回目より3回目と、数を重ねると飽きる時間が短くなる
 最終的に0.3秒ぐらいで飽きるようになると自分のものになる

感情そのものには善悪も良い悪いもなく、
人間が勝手にそれはポジティブとか負の感情とか区分けしているだけです。
なので、この特徴はもちろん嬉しいことや楽しいことにも同じことが言えます。

子供の頃に楽しかった遊びにもう飽きているのは、このプロセスを通っているから。
最初の失恋で傷つきすぎて死のうと思ったのが、今の失恋ではそれほどでないのも同じ理由です。

いずれゴーヤチャンプルは美味しくなるのです。

で、この感情を味わうをやっていると必ず飽きるわけなんだけど、
飽きたときに今度は考える時間と欲求が出てくるわけです。

そもそも何でこういうことになっているんだろう、
どうすればうまく対応、克服することができるんだろう、
問題点はどこに潜んでいるのだろう?
という感じ。

考えることに没頭するクセのあるひとは、考えることによって実は感情に目を向けないようにしていることがあるので
そこのところを注意するといいと思います。

考えすらしなくただ逃げる場合や人もいます。
いつも味わえばいいというものでもないので、それはそれでいいのだけども
いつも逃げるという習慣があるのは極めて好ましくないです。
後でカード会社から莫大な請求が来る・・・ようなきっつい状況になります。

で、話を戻して、
考えるときにまず、原因を探るのは無駄です。
原因には終わりがないし、
たとえ根本的原因が明らかになったとしてもだからといってどうすることもできません
考えるだけ無駄。感情が関係ないときに脳内エクササイズとしてやるのはいいと思うけどね。

原因の原因の原因は? ~因果の関係について

考えるのは、どのようなメカニズム・・・・クセや習慣でこうなっているのか?ということと、
そのクセや習慣は、どういう方法を取れば自分にとって良い方向に結びつくのか?ということです。
当然、強い感情を伴うものほど、なかなか答えの出ない数学の難問に挑むような形になります。

考えているうちにまた、いろいろなことを思い出すので感情が再発します。
上に書いたの部分。

なのだけど、回数を重ねるとだんだん飽きるまでの時間が短くなります。の部分。
そしてまた考えて、味わって、考えて、味わう。

これが正しい「悩み方」です。
つまりは、グルグルに巡っては巡って、答えなどなかなか出てこない。または最後まで出ない。
でも正しいグルグル回りをやっているので、そのうち飽きて問題にならなくなる・・・という悩み方です。

個人的にこんなにいい方法はないな、と思っていて
悩むだけでうまくいくんだから、散々悩めばいいと思うわけです。
どうにかしようとするのではなく、あれこれ考えてじっくり味わう。たったそれだけ。

いわゆる自分でできるブロックの解消方法です。

トップに戻るボタン