自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

正しい疑問の持ち方(ただしいぎもんのもちかた)


プロモーションの成功と専門分野で成果を上げていることの2つが前提にあり、そういう人が、自分の意見の正当性を取るために引っ張って来た情報というのは正しく疑問を持ち「ここは正確だけど、ここは正しくない」と精査する必要がある。