自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

正しい鎧の作り方 基礎編

【正しい鎧の作り方】
 正しい鎧の作り方 基礎編(この記事)
 正しい鎧の作り方 マインド編
 正しい鎧の作り方 文化編
 正しい鎧の作り方 スピ能力編


まさか鎧の作り方を書く日がこようとは!
早速書いていきます。

鎧は外から自分を守るために装着するものです。
装着するということは
守るための技術を発揮するということです。

守る必要がないのに守っているならそれは本末転倒だし不要なので
そういう前提がない上で、の基礎編、書いていきます。

まずもってやることは顔のガードです。
顔は五感の全てが集まっており、
脳機能の顔に占める割合も多いのです。

もはや
顔を守る=全てをガードする
と言っても言い過ぎではありません。

では、サクッと見てみましょう。

まずサングラスです。
目は自動的に外の情報を受信し、脳を使わせます。
メガネもシャットダウンに役立ちます。
ですが、より効果的なのがサングラス。それも濃いの。
色も周波数なので、色を遮断できた方が鎧度はUPします。

ちなみに馬鹿にできないのがコンタクトで、コンタクトも鎧の役割を果たします。

注意点として、メガネもサングラスもコンタクトも、ほとんどの人が
その目に迫る物質に対してのアレルギー反応を持っています。
これを取った方が効果がより高いですね。

耳栓とノイズキャンセリング
耳栓はシリコンの外国産のが防音、遮断率が高くていいですね。
「シリコン 耳栓」で検索すると出てくるしアマゾンで買えます。

ノイズキャンセリングのヘッドフォンは雑音の周波数を
逆に発声させてぶつけることでクリアな状態を再現します。
ヘッドフォンは耳をすっぽり覆うタイプが好ましいです。
人によってはそれが苦手という人もいます。

無音に近い状態を取るには、
シリコンの耳栓とノイズキャンセリングのヘッドフォンのコンボが最強。
もちろん耳栓なしで音楽を聴いてもいいと思います。

その他の顔面部~マスクと帽子
もうこうなってくると完全に不審者ですが
マスクは通常のマスクの効能と考えてOK。
外の世界の空気に含まれるものを遮断する効果。

そして帽子。これは侮れない。サングラスと耳栓ぐらいの効果があります。

特につばがついているものが好ましく、
視線の上半分が見えないことによって情報を遮断できます。
そして特に頭頂部が盛り上がっている人は
ここから得ている様々なエネルギー的情報を閉じ、緩和することに役立ちます。

さらに首と首から下
タートルネックが好ましいでしょう。
外から見ればわかりますが、首を隠すことはかなりいろいろなものを隠します。
婚活女子がタートルを着てはいけない、胸元が見える服を・・・というのと同じ。

その下は服になるけども、鎧度の高い服は俄然
黒が基本中の基本です。
グレーや紺、茶、ベージュは自分を殺す色になるので注意が必要。
黒も二次の人にとっては自分を殺す色になりますが
同時にとかく鎧効果があるのでまといたい。

そしてこれはちょっとこじつけが入りますが
洋の東西どちらも、上質な生地特に絹の紫は高僧の法衣として使われているので
上質な紫も効果がありそうです。


顔が脳機能の大部分を占めると書きましたが、次に占めるのは手です。
冬は手袋をしたいところ。
冬ではないとか、手袋が好きではない人はやはりアクセサリー。特に指輪
想像してみてほしいですが、10本の指に指輪がじゃらじゃらな人に
近づきやすいですか?それとも近づきにくい?

指輪にも鎧効果がきっちりあります。素材はやはり金属系が好ましい。鎧なので。

そして何もしたくないという人は、親指を他の4本の指で包むグーの握りをする。
普通に外に出ているときなどにやるといいですね。セルフ鎧効果。

手首にパワーストーンという考え方もあると思います。
が、個人的にはあまりかな。
効果をきっちり出している人は限りなく少ない。おまじない程度。
正しく力を込め、鎧効果があるとはっきりしているなら構わないと思います。

どの場合も、肌を隠すというのが基礎中の基礎になります。
ひとつひとつトライして、
それをやる前と後でどのくらい楽になったか感じてみるといいですね。

 

【エネルギーワークで遠隔セッション】

【白ヤギ黒ヤギ】+【四門四神】遠隔セッション  毎月14・15日 (毎月10日〆切)
【ブロック解除】+【資質開花】遠隔セッション  毎月末日 (毎月26日〆切)

前話: スピリチュアルでチームを作る03

次話: スピリチュアルでチームを作る04

トップに戻るボタン