自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

歴史とスピ。んーむずかしい

こちらも書いてほしいってことだったのでね。
これがなかなかに難しい。

今、海神記てのを読んでるんですがね。

海神記 上 (光文社コミック叢書“シグナル” 6)/諸星 大二郎

古代日本の海人の話なんだけど。
んー。正直史書に記載されていない昔ほど
特に神様のこと、神域、託宣などの影響が強い。

これは古代中国でも同じかな。

目に見えないものの、決定されている物事が
現代でもスピだと思われているし
実際にそういう物事が人の精神を動かすことがよくあるので。
 

天孫降臨図。

オレなんかは、スピからではなく歴史から勉強をスタートしているので
占いもそうだけど
神様が役に立ったという記述を見たことがない。

どうも、なんとなく
知恵も情報もなく盲目的に恐れを持っている者たちが
それでも上手くいきたいから神意や超常現象のおかげに
してしまいたい・・・・という気持ちの現れのような気がする。

ちょっと効果的なことが書けないな。

上の天孫降臨も人の歴史だと考えると
争いと武器に関するスピ系もたくさんあるわけで
タケミカヅチとかフツヌシはモロそうやんな。

スサノオも暴力性とか退治とかあり、
神話なんか結構乱暴やよね。

時代的にもすぐ殺す、すぐ奪うってのは珍しくないし。

イザナギとイザナミの国産み。この矛の先から淡路島生まれる。

粗暴で無知。しかも科学が進んでいないので超常に盲目的に服従。
それが実際のところかな、なんて思う。

あ、個人的には天狗のインタビューでも書いたけど
妖怪も人間の進出と共にいづらくなったのかな?とか思ってる。

まぁ、誰か解明してください。
テキトーだな。。。

【エネルギーワークで遠隔セッション】

構造ブロック解除セッション

>

前話: 死後の世界

次話: ブロック解除のマニア記事

トップに戻るボタン