自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

気配り(きくばり)

一般的、全体的なことに対して行われます。自分が気がついたこと中心に、良かれとされていることに対して働きます。たとえば、待ち合わせ場所に1人遅れているとして、みんなはおしゃべりに夢中だけど自分だけ気がつき、率先して連絡を入れるというのが気配りです。

前話: イノベーションを現在地経営に組み込むスタイル(いのべーしょんをげんざいちけいえいにくみこむすたいる)

次話: 心配り(こころくばり)