自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

求賢令の作法(きゅうけんせいのさほう)

求賢令を出す前提として場の用意がなくてはならない。多くの人はまず弱みがその場になります。弱みが何か知っていれば、それを才能によって受け持つ人の像がクリアになってきます。

前話: 求賢令を自分の活動に対して使う(きゅうさいれいをじぶんのかつどうにたいしてつかう)

次話: 4つのポジショニング(よっつのぽじしょにんぐ)