自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

流れ(ながれ)

「流れ」は抽象的なことではなく、時機と置き換えてもいいと思います。自分で自分のこれまでの転機や動きを分析することで、年単位、月単位で自分がどのように動いているのか、ある一定の法則が見つかります。その法則から時機を確認して、適切なときに動き始めると物事がスムーズに進みます。

前話: 場(ば)

次話: 第三者効果(だいさんしゃこうか)