自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

深みが粘って届く(ふかみがねばってとどく)

話す、書くの、どちらの方がより自分にとって粘るのか?をうまくつかんで、アウトプット量を増やしていくと、自分のその専門分野を直接経験したことがない人にも深みが粘って届くようになります。

前話: 分かりやすいアウトプット(わかりやすいあうとぷっと)

次話: わかりやすく表現する(わかりやすくひょうげんする)