自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

現実を見るということ(げんじつをみるということ)

どちらかといえば摂理を見るということで、人間の営みからは一度離れる必要がある。実際に物事はどういう風にできていて現状どうなっているのか?ということを、分析、直感する必要がある。

前話: 現実に即していないものを採用する(げんじつにそくしていないものをさいようする)

次話: ひとつひとつ丁寧に自分の周囲の現実を作る方法(ひとつひとつていねいにじぶんのしゅういのげんじつをつくるほうほう)