自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

理解を使う(りかいをつかう)

事の真偽がわかるということは、ムダで不要な情報に流されないということなので、最初から違うものを選ばないという意味で、努力によってではなく前提によって、速く結論にたどり着くことができるようになってくる。間違いも瞬時に見極めることができるようになる。

前話: 知らないものを知っている(しらないものをしっている)

次話: だいじょうぶである(だいじょうぶである)