自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

病気になりにくい身体をつくる(びょうきになりにくいからだをつくる)

シャンプーや化粧品の成分を勉強して良くはなくても悪くないものにお金を使うとか、口に入れるものにはとっても注意を払って、でも神経質にはならずに気持のよいものを美味しく食べるとか、そういうことの積み重ねが、健康・・・または病気になりにくい身体をつくるんじゃないかな?と思うわけです。

前話: 自分の体を自分で面倒見る(じぶんのからだをじぶんでめんどうみる)

次話: 世界観(せかいかん)