自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

痛みを避けない(いたみをさけない)

自然に治るためにできることはやるけども、無理な力を加えて現状を否定して一刻も早く良くなろうとは思わない。僕は痛みを悪者として避ける習慣ではなく、自分の現象として受け入れたり味わったりすることを試みているし、人にも勧めたいと思っています。痛みを受け入れろ、味わえというのが一番伝えたいこと。

前話: 事実を把握する(じじつをはあくする)

次話: 痛みを悪者として避ける習慣(いたみをわるものとしてさけるしゅうかん)