自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

目の前の現実を直視しないメカニズム(めのまえのげんじつをちょくししないめかにずむ)

相手の言い分にいちど耳を傾け、または傾けるフリをしてあるいは耳を傾け採用までやってみせて、その後必ずその話題には目を向けないということをやるという、巧妙だけどややこしいメカニズムです。こういう人がもう一度本来の自分を振り返ると本気で決めたら痛い想いを受け入れる覚悟をする必要がある。

前話: 自分を生かす(じぶんをいかす)

次話: 痛み(いたみ)