自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

目標設定するべきケース(もくひょうせっていするべきけーす)

過去目標設定をして、その通り見事に成功したケースを書き出します。その中から共通項を見つけ出すことができるかどうかを探ります。共通項を見つけることができたら、それは確率論を無視して必ず成功に導く自分だけの手法、だということです。こういう物事では積極的に目標設定するだけで、スムーズに成果に結びつけることができます。

前話: 目標を、設定しても構いません(もくひょうを、せっていしてもかまいません)

次話: 目標設定した方がいいケース(もくひょうせっていしたほうがいいけーす)