自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

直感を意識的に使って磨く(ちょっかんをいしきてきにつかってみがく)

自分が直感を使っている分野やモノを知ることができたら、それを意識的に使ってみます。どのくらい意識を入れるのかというと、「訓練」と呼べるほど意識してやってみます。意識というよりはむしろ、練習と呼ぶ方が近いかもしれません。どの分野で使える・使えないが明らかになるし、使える分野ではさらに磨きがかかります。

前話: 直感はいきなり答え:注意点(ちょっかんはいきなりこたえ:ちゅういてん)

次話: 直感を意識的に使って磨く:どのくらい時間をかけてやるのか(ちょっかんをいしきてきにつかってみがく:どのくらいじかんをかけてやるのか)