自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

直感を生かす感情(ちょっかんをいかすかんじょう)

上機嫌という感情は、物事を楽観的に捉えるが、楽観的すぎないという特徴があります。細かいことが気にならず、確信方向で物事を見ることが可能になってくるので直感もそれに従って冴えます。上機嫌でなければ、なるべくさまざまな感情を感じていないニュートラルな時が直感力をうまく発揮するポイントになります。

前話: 感情は直感を狂わせる(かんじょうはちょっかんをくるわせる)

次話: 直感を使う(ちょっかんをつかう)