自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

相対性の考え方(そうたいせいのかんがえかた)

矛盾が両立するということです。あっちが立てばこっちが立たず、ではなく、どちらもあってもおかしくない・・・所詮知覚は及ばない、という相対性の考え方を取り入れるということです。

前話: 科学的反証法(かがくてきはんしょうほう)

次話: 天然で光に照らされて生きている人(てんねんでひかりにてらされていきているひと)