自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

知らないものを知っている(しらないものをしっている)

物事の真偽を厳密に見抜くことができるということでもある。知らないものに素直に取り組む世界観がある(つまり理解を使う)人が、その知らない世界のあり方はおかしい!ということがわかっている。理解ではなくわかる。本質的な真偽がわかる。

前話: 身に付いたもの(みについたもの)

次話: 理解を使う(りかいをつかう)