自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

知覚が広い人(ちかくのひろいひと)

知覚が広い人ほど、発言はあいまいになる。はずである。知覚が広いということは、知覚できない分野やジャンルがあるということを知るということでもあるから、人間が知り得る限界を超える物事があると知ったとき、断言など自分の知覚の範囲内でしかできないのだとわかる。

前話: 知覚の限定による確信は、必ずしも本物ではない(ちかくのげんていによるかくしんは、かならずしもほんものではない)

次話: タイプを分けるスキル(たいぷをわけるすきる)