自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

知覚が狭ければ直感は有効ではない


直感自体を鍛えてないとか問題外だけど、
どんなに直感に優れていても
それが何かわからなければどうしようもない。
 

たとえば、オレは服を買うときに必要な店を全て回る。
最初からどこの店に、ベストな服があるという結論を見ない。

たとえばディオールが今回はベストだ、と直感した場合。
それは何を直感しているんだろう。

これまで見てきたディオールの系統の服が
今の自分の状態や気分に合っているのかもしれない。

ディオールのデザイナーや会社のことをよく知っているなら
次のディオールの歩みを考えるにベストかも、と思うかもしれない。

この時点でかなりの情報、つまり知覚が入っている。
だが全然十分ではない。

直感できるとするなら。
全てのブランドショップを回り、
全ての商品に一度目を通して
ダメなものは省き、可能性のあるものは試着して
全ての服に接しまくって、

最終的にディオールのあの服が今はベスト

という直感を働かせるのが一番確率が高いではないか?
 

ところがスピの勘違いに、
そのプロセスをすっ飛ばして、最終的に選ぶ服を直感する・・・
とか思ってる勘違いバカがいる。

じゃあ聞くが、
服のことも店のことも何もかも知らずに
最終的なベストな服を選ぶことができるん?

たとえば地図を見せて、棚を説明して、右から何番目の服とか
そういうことはできるかもしれない。
が、
それも情報知覚になる。
 

全部がエネルギー(波)ならその波がどの位置に特定されているか
何も知覚がないのに物理的に選べるわけがない。

つまり、直感の精度は知覚と深い関係がある。

知識や情報が狭い人ほど直感力があっても使いこなすことはできない。
ひるがえって、やるべきことは
直感があろうがなかろうが、
知覚を広げる努力をすることであって
それさえあれば人は選ぶということができる。

選択肢があるということがわかるから決めるということもできるようになる。
直感では選ぶことはできても、決めることはできない。

直感に頼り過ぎる人は、ただし物事を選ぶのかもしれないが
内的に決めることができる自分であるとは言えない。
直感で決めているんだ、ということにはならない。

【エネルギーワークで遠隔セッション】

構造ブロック解除セッション

トップに戻るボタン