自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

知覚の仕方(ちかくのしかた)

5つの感覚器官があって、うち3つを優位に働かせている、とされています。視覚情報(映像)で物事を知覚する人。聴覚情報(音)で物事を知覚する人。体感覚(触覚や感情)で知覚する人。みんな同じ情報処理をしているのではないということですね。この知覚方法がここでは問題になります。

前話: 君子は小人を、小人は君子をそれぞれバカと呼ぶ(くんしはしょうじんを、しょうじんはくんしをそれぞればかとよぶ)

次話: 「知覚の仕方」が問題になる理由(「ちかくのしかた」がもんだいになるりゆう)