自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

知覚よりもただ現実を優先する(ちかくよりもただげんじつをゆうせんする)

1.可能性を疑わずにただ受け入れるということと、2.科学的反証法の可能性を持っておくこと、3.相対性の考え方を取り入れることです。

前話: 「知覚の仕方」が問題になる理由(「ちかくのしかた」がもんだいになるりゆう)

次話: 可能性を疑わずにただ受け入れる(かのうせいをうたがわずにただうけいれる)