自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

知覚を広げる(ちかくをひろげる)

角的な時にも多重的な時にも通用することです。今判断できる自分ではない、新しい見方を採用するということです。

前話: 多重的に物事を見る(たじゅうてきにものごとをみる)

次話: 多重的(たじゅうてき)