自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

知覚外の知覚04~知覚外の人間関係を使う


【知覚外の知覚】
 知覚外の知覚01~知覚外の自分を知る
 
知覚外の知覚02~知覚外の信頼を持つ
 
知覚外の知覚03~知覚外の視点で物事を見る
 知覚外の知覚04~知覚外の人間関係を使う (この記事)
 知覚外の知覚05~「知覚外の知覚」を知覚する

他人は自分?


関わりのある他人は全部自分、と捉える。
もうちょっと正確に言うと
関わりのある他人の自分に関係している部分は全部自分、と捉える。

自分で「これが自分」としているのは
十分に自分を表していない、と書いた。
知覚外の知覚01~知覚外の自分を知る

知覚外の自分も含めて「自分の全部」と言えるが
自分の運びは自分だけでは成り立っていない。
必ず他人が関係して自分の運びや流れができている。

この現実で自分が生きていくのに、
他人との関わりは避けられない。
だから、コミュンケーションや礼儀やルールが尊ばれる。

だがそれは、
外的な知覚視点で物事が判断されている。
「全体を公平に見たらつながりや、関係も大事でしょ?」
という視点で見られている。

自分を取りまく人は自動的に決まる


同じことを内的視点で見たとき、見方が変わる。

相手(誰でもいい)は、「自分と関わりのある相手」しか
自分の世界の中では存在していない。

その人の自分と関わりのないプライベートは
自分にとっては「ない」のと同じことになっている。

他人は、自分と関わる範囲での他人であって
それ以外のその人は自分には関係がない。

だから、
他人と関わるのは、自分にとって都合の良い相手ということになる。

誰にとっても公平にこの現象が起こる。

そして相手との接点がいい感じなら関係が続き、
イマイチとか、イヤな感じなら関係は終わる。
自分に関わる相手としては適切ではなかったということになる。

こういうのをマッチングという。

残った他人の力は「自分の力」といっていい


人間関係はほぼ100%、自動的に決まる。
この人と仲良くなろうと思って思い通りになることはない。
なんだか知らないけども、残る人が残る。

そしてその残った人は、
自分の何かの部分に取って都合が良いから残っている。
つまり何かが一致するから残る。自動的に残る。

ということは、その都合の良い部分
自分の力と捉えることができる。

どんな人でも必ず他人と関わりがあり、
誰かが都合よく残るようにできている。

ということは、

その、残った人の力は自分の力といえるし
その人は自分自身である、ともいえる。

その「結果」は変わらない


われわれは、わからないことがあると
ググったり本を読んだりして調べる。
それは自分にないから外の世界から引っ張ってくる。

HPを作った人や本の作家は、
必要な情報をもたらしてくれたのなら
内的知覚で見ると「自分のために存在した」「自分の力」
というふうに捉える。

自分の脳から情報や方法を取り出すか、
他人の脳から情報や方法を取り出すか、の違いしかない。
結果、どちらの場合も自分は適切な情報を得ることに成功している。

行動でも同じことがいえる。
「醤油をとって」と誰かにお願いした場合と、
自分で手を伸ばして醤油を取った場合の、
結果は何も変わらない。

この変わらない結果を得ることができたプロセスを
全て自分の力と捉えてうまく使うことを考える。

他人が自分と捉えるとどうなる?


他人が自分。他人の力は自分の力。
お前のものはオレのもの。オレのものもオレのもの。
と捉えることができるようになると、

他人も自分なので、自分を愛でるのと同じように大切にし
自分に気遣うのと同じように気遣いをする。
他人の力は自分をの力を生かして使うのと同じように使い、
自分をもっと伸ばそうとするのと同じように相手を伸ばす。

それが全部自分の力になる。

これは外的知覚で見ると、親切で思いやりがあり真摯な人になるが
内的知覚で見ると、自分で自分を生かすために知覚外の自分も全部使う、となる。

他人と自分の区切りなく、自分を愛でる・・・


自分を生かす人は、自分に備わっている力を
自分のためにフルマックス生かそうとする。
自分の力を高めるために最大限の努力をする。

同じことを他人である自分にも行う。
自分のために他人(つまり自分)の力をフルマックス使う。
自分の力を高めるために他人の力に最大限の努力をする。

これが自分が知覚できていない力を自分のために使い、
自分がどんなに自分を最大限発揮しても得られない
未知の自分を手に入れることに結びつく。

もはや自己啓発やスピリチュアルで得られる成果程度のことではなく
総合的に自分を運ぶための知覚外手段になる。

当然、これができている人と、
他人を他人認識しかできない人では
自分の運び方、人生の作り方、上手くいき方に大きな差が出る。

トップに戻るボタン