自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

短期的に稼ぐなら「乗っかる」


オレも車を買ってしまったのでキャッシュがヤバいです。
法人の決算をナントカ赤で迎えたいので(つまり法人税を払いたくない)
最後の最後に調整した感じ。

そしたら・・・・11月の支払いって大丈夫かな。どうかな・・・
して、これって恋ですか?と勘違いしそうになったわ!!

本当は11月は福岡のビジネスコースが入っていたのだけど
集客がままならず止めてもらいました。
今から売上のことを考えなければならん!という未曾有の事態に。

短期で売上を上げる、という方法を僕はあまり好きではありません。
どうしても強引になる。
お客に強引にならなくても自分に強引になる。
上手くいっても疲弊する。

短期でできるのに、打てる手があるのに
やっていないというなら話は別だよ
それはやればいい。

短期でなるべくストレスなくやれる方法の一番は
乗っかることです。

既にお客(マーケット)を持っている人で、
その人が自分のマーケットに営業してくれる。
そしてその人と、その人のお客が望むことを
自分が提供できる、
というのがポイント。

自分がやるのはのみ。

当然自分がやりたいことは採用されない。
乗っからせてくれる人が求める条件に乗ると
短期でがしっと売れます。

例えば僕が、何かの商品をあちこちで売っている。
その場で勧めて、受けてもらう。

これは、
僕のお客さんが既にいて、彼女たちが求めていることに
僕が勧めて受けてくれると
による結果が生まれるから。
そしてそれを僕が熱烈に求めているから、です。

ここ大事ね。

僕の周囲に、僕を介して誰かにお願いしてでも
その人の売上を上げるという実績がほしいわけです。
だってそうじゃなきゃビジネスコース誰もほしくないでしょ?

僕が求めていなければただの知り合いのサービスお知らせ。だけ。

乗っかろうと思ったら、相手が求めていることに応えるしかない。
僕の場合は瀬戸まりこさんが求めていることに応えられる、
「なぜなら近しい関係なのでよく知っていたから」
という事実があるけども

よく知らない人は、ブログを全部読むとかまずは知ろうとすること。
そして自分が明確にできることとにかく全部出すこと。
もちろんタダで。

これ当たり前だよ?

相手が求めていることを示し、その上で
手のうちは見せませんけどオトクですよ~って
世の中にはそういう商売はあるかもしれんけど
今急いで金稼ぐ人がんなことやってる場合か、と。

というのが乗っかり方の基本です。

僕も逆に乗っかろうと思って、
僕が求めていることを自分でできず、
「それやりますよ、めっちゃ良くないですか?」
と言ってきたなら即答でYESでしょ。

こういっちゃなんだけど
これをやらない人があまりにも多すぎる。

例えばさビジネスコースめっちゃ売りますとか言ってもいいんだよ?

短期で稼ぐ視点は、ビジネスをやっていく上では重要。
ただ、そこに頼り過ぎるのはNG。
視点と考え方かな。

トップに戻るボタン