自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

笑っている方がやはり解決には近い


コラム、ショートバージョンを試し中です。

僕みたいなマジメ、真剣系の人にとっては
「それは難しい」ということも十分にわかった上で
それでもあえて書くのだけど、

物事はそれでも
笑い飛ばしたり、笑顔の回数が多い方が上手く行く

たとえば子育てでも、
「自分に何か悪いところがあったんじゃないか」
「こうなったのは自分に原因がある。変えなければ」
と思って上手く行くことはほとんどない。

何を選択しても同じような結果だったりする。
自分の責任はどう多く見積もっても50%だったりする。

笑ってごまかすのではなく
笑えるような自分として物事に向かう。

真剣、マジメも時には必要だけども笑える方向にしてしまう。
深刻は絶対にダメ。

笑い合える、笑っていられる、というのは
問題の解決ではなく(問題の解決は最大ゼロしか生み出さない)
現在のベストな自分や状況を生み出すことに結びつく。

これまでよりも笑い合い、笑っていられるというだけで
「今」まさに幸せ系を実践していることになる。
真剣でマジメな物事の多くが、これで無効化される。

何でも「楽しい化」したり「笑ってごまかす」のではなく、
真剣とマジメの一貫性に慣れている人は特に
この方法を採用することであらかたの問題は解決し、
おまけに心の広い範囲が楽になる。

トップに戻るボタン