自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

答えが決まり、選択される方法(こたえがきまり、せんたくされるほうほう)

全員に聞ききると、もっと感覚的なところで、もっと雰囲気やニュアンスで、その奥にある真実の扉が少し開くことがあります。その奥に、本当には何をやったらいいか、何をやってはいけないのか、という答えが書かれています。そこまでして、はじめてそれに気がつくことができる。あとはその見えたものを見えるようにやるだけ、のことです。

前話: どの意見を取り入れるか(どのいけんをとりいれるか)

次話: 誤解を解かない(ごかいをとかない)