自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

精神力の強い人、弱い人


あまり、人づてというか、聞いた話で話を進めるのは好きではないが、
これはテレビで特集組まれてやっていたストーリー。

新聞を読まないので自分には関係のない遠いところで何が起こっているか知らない。

韓国で大型客船が沈没したらしい。
多くの人が死んだが、
修学旅行生300数十人のうち、200数十人が死んだ。

その様子を再現ドラマでやっていたということで。

ちょうど一次を話題にしているので
このコラムは自分の人生を生きるということに関わることを書こうと思う。

結局生き方になると思うねんけど。

沈没しかけてる船で、女子で友達2人が取り残されてるから
戻って呼んで、引き上げて、励まして、って子がおってんて。
最終的に救助間に合わずにその子死んでしまうねんけど
最後までそうやったって。のおかげで生き残った友達の話。

男の子で、廊下で立ちすくむみんなに救命胴衣を取りまくって
走りまくって力つきて、でも上からロープ吊ってくれた人がいて
女子で登れるやつから登らせて、いよいよ急角度に傾いてきて
残ってる女子が登れないからしょうがなく自分が登ることになって
多くの友達の命を救ったけど、結局残った2~3人の女子は死んでしまって
病院で意識を回復してから他に道があったんじゃないか?と
その男子はすごく悩む。

かたや、
録画に残っていた画像には、男子何人かが
「なんでオレたちがこんな目に遭わなくちゃいけないんだ!」
と嘆き、文句をいい・・・・の映像もあり。
なにもしない。逃げない。文句を言うヒマがある。
全員死亡。

精神力はどう生きるか?の力だと思う。

何を決め、選ぶか。

突拍子もない、こういう人災的な状況で・・・というのはもちろん違うと思う。
だけど、生き方、やり方が長い人生と同じじゃないか?

自分ができることを決めてやる。
嘆くだけの者がいる。
嘆かないが、人に不要なアドバイスをして自分を見ない者もいる。

精神が強い人がいれば
精神が弱い人がいる。

ただ、その差というものが歴然とあり
その差による生き方と人生のさが歴然とある。

とゆうこと。

トップに戻るボタン