自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

精神連鎖、他現実的な勉強してますか?


精神連鎖、というものがある。
既にある程度証明されている。

周囲の誰かが何かを行うレベルを上げる。
たとえばテストの点を上げる。
それに感応する者もレベルが上がる。
以前よりもはるかに上手くできるようになる。

それは
その人を見て「自分にできる」と思うかもしれないし
周囲ができるうちに「やばい、やらなきゃ」かもしれない。
レベル上げ、
できる、ということに対して
ひとつの方向付けが生まれる。

これまで「このままでいい」だったのが
これからは「まだ行ける」に変わる臨界点がある。

精神連鎖は、
複数の人が同じこと、同じ向きにあるときに起こる。

さて。もう一度言うが、精神連鎖が起こる。

スピの技術では全て精神を扱う。
エネルギーを扱うのではない。
エネルギーを扱った結果の精神力に対して
どのような働きかけが行われるか?を扱う。

精神連鎖のように、
既に証明されている精神力を上げる方法を知らない者が
勉強をして習得し、ワークに取り込もうとしない者が
直感や感性に優れている程度で
人にワークをやってはならない。

遠隔や波動を合わせるワーク、
個人に対する単発のワークでは、
何がどう優れており、なにがどう限界か?
ということを知り、使い、生かさなければならない。

受け手も、その程度ができていない術者にワークを受けてはならない。

【エネルギーワークで遠隔セッション】

構造ブロック解除セッション

トップに戻るボタン