自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

素(す)

人生など想定せずに、しかし最初から持っている自分自身のことです。素は、生まれたままの自分らしさ。当然成長や年齢を重ねるとともに無意識の妥協によってないことになっていきます。それでも素は、やはり自分自身の根幹の一番の核なので、資質の中の価値基準として、素の一部が生きていく上で発揮されたり残ったりします。

前話: 自分が持っている自分だけの持ち物(じぶんがもっているじぶんだけのもちもの)

次話: 素は資質を超える(すはししつをこえる)